駅構内旅客流動シミュレーションの紹介。ユーデック(udec)は地域開発、まちづくり支援事業、シミュレーション解析事業、ソフトウェア販売、コンサルティング等を行う街づくりの総合支援会社です。

駅構内旅客流動シミュレーション

地下鉄駅における動線計画検討事例

●英国を中心に欧州では、地下鉄や地上駅の混雑緩和の計画策定にLEGIONが活用されてきました。

●最近では、火災やテロ攻撃に対応する旅客の避難時間推計(ETE)や避難誘導計画でも活用されています。

●日本国内においても、駅の改良計画の事前検証ツールとして、多様な実績を積み重ねています。

●LEGIONを活用した流動解析の業務受託を承っています。お気軽にお問い合わせください。

イメージ:シミュレーション活用の流れ

LEGIONによる駅構内の検討事例

将来の旅客需要増加が考えられていた都内某駅では、駅舎の改良が計画されていました。乗換客を安全に効率よく処理する事が求められた案件で、基本計画段階からLEGIONを用いて、乗降客動線を分析し、階段やエスカレータの組み合わせや接続方向の検討・改善を行う事で、安全で効率的な改良案を計画する事が出来ました。また、密度マップや動画等、視覚的に解りやすい指標を排出することが可能であるため、課題点の抽出及び改善施策の効果がわかりやすく、対外対内様々な機会において、重要な説明材料となります。

その他にも、滞留人数・旅行時間・体感密度別滞留人数推移等、様々なアウトプットの排出が可能です。

シミュレーション解析

  • 交通シミュレーション(マクロ・ミクロ・メソ)
  • 大店立地法対応交通シミュレーション
  • 火災安全検証シミュレーション
  • 原子力施設立地地域緊急避難シミュレーション
  • 駅構内乗客流動シミュレーション
  • 空港内旅客流動シミュレーション
  • 大規模イベント観客流動シミュレーション

このページのトップへ

疑問、質問は下記までお気軽にお問い合わせください。 TEL:03-3242-3395 FAX:03-5217-5054

メールフォーム